こころのあおぞら基金 坂本博之



平成のKOキング、元日本ライト級チャンピオン坂本博之さん。

坂本さん自身も児童養護施設出身です。幼いころに生活苦から弟と共に知人宅に預けられそこで食事も
与えられない、トイレも行かせてもらえないという虐待に合い、食べられるのは学校の給食だけ、給食のな
い土日には近くの川で釣りをしている人から魚を分けてもらったり、自分でザリガニやドジョウを捕って食べ
飢えを凌いでいました。いずれ弟が栄養失調で倒れそこでようやく児童相談所に引き取られ施設で暮らす
ことになったのです。


 そうした壮絶な経験を持つ坂本さんは現役中の2000年に施設の子どもを支援するために「こころの青空
基金」を立ち上げ2007年のい引退後は全国の施設を回りボクシングを通して子ども達と交流しています。


 ここからプロジェクトでは”こころの青空基金”と共同で坂本博之さんが行う児童養護施設でのボクシング
交流をプロデュースしています。